Twitter設定を「男」にしたら世界が優しくなった。

0.1秒で出来る引き寄せ

世の中にはいろんな「引き寄せ!」とか「願いが叶う方法!」なんていうのがとっても流行っていますが、今すぐ自分の見ている世界を素敵にする方法、ご紹介します。それは、インターネット検索の言葉を変えることです。

私、これまでのキャリアが、WEB求人広告→WEB広告→ITベンチャーと後半に行くにつれてコアな、いんたーねっとてくのろじーの世界へとずぶずぶとはまり続けてきました。1日のほとんどの時間をネットを触ってないとダメなネット中毒者でもありますし、弟はニコ動で配信をしているネット姉弟です。

でこの度、非公開アカウントで8年ほど使っているTwitterの設定を「男」に変えてみました。すると・・・!広告が、全くウザくないんです・・・!!!
「女」で設定しているときは

【こんなデブは嫌だ・・・ダイエットサプリ】
【毛穴ぽつぽつは・・・美容系広告】
【嫁姑のいざこざ的マンガ】
【かわいく盛れる現実逃避系カメラアプリ】

などなど、いかに

「今のあなた、大丈夫?ブスじゃない?」

っていう人を上から見て言ってくるような内容が多かったか・・・。
今じゃ広告は「サッカーゲームアプリ」たまに「ハゲ薬」くらいです。なんて平和!!これはこれで笑い話ですが、これって普段生活してもよくあること。自分の見てる世界は「勝手に誰かによってフィルタがかけられているかもしれない」ということでもあります。ある時、子供を産むのが怖い!子育てする自信ない!って悩んでることを友達に相談したら「あんたの肝っ玉ぶりを見てたら、それはありえないから。ドカーンとしたおかあちゃんになるよ絶対。」ってバッサリ言われて、ひでぇ!!と思ったけど、自分はそうかも・・・と妙に納得したことがありました。勝手にいろんなニュースや話を聞いて、もれなく私もそうなるはず!と思い込んでいたんでした。

少なくとも75%の人が自分とは全く違う

なぜなら、自分が当たり前だと思っていることのほとんどは、他人にとっては「全くの想定外」なんです。それは脳科学をつかったセッションでも詳しく解説しているんですが、人のパーソナリティには8つのタイプがあって、最も日本人に多いタイプでなんと25%未満!つまり75%は自分とは考え方が違うんです。

それを知った時から、「どうせなら自分の見る世界はうれしくて、楽しくて優しいフィルタにしたい」と思って、私はネット検索の方法を変えました。

 

子供を産むまでは「出産 痛い」とか「子育て 大変」とか、そうやって、怖い部分を先に見ておくことが、気持ちに保険を掛けておける安全なものだと思っていました。でも、それをやったところで最近のインターネットの記事って、みんな同じようなこと書いてるし、結局何の解決にもならない内容のものが多い。そしたらわざわざ自分が不安になるようなことは見る必要なんて、ないなと思えてきたんです。

インターネットは自分が見たいものを見に行く場所

だから今は「出産 楽しい」「子育て かわいい」とか、生活を楽しんだり、幸せな人の記事を見つけて「おっ!!この方法いいね!やってみよう!」とか「ニュースは悲しいことばっかり言ってるけどそんなことないじゃん。」とか、ネガティブな内容なんてすっかりどうでもよくりました。そして今思うと本当に何の役にも立たなかった。。。

だから、インターネットの世界くらいは自分が見たいと思うフィルタを選択してみること。これだけでずいぶん自分の世界観が変わります。もちろん、インターネットだけではなく、現実世界でも自分じゃやらないことをやっている人を見つけて会ってみたり、いつもとは少し違ったやり方に変えてみるのも、フィルタを変える1つの手だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です